ハトブログ

このブログでは、日々の疑問や気になったニュースについて備忘録的に書いています。「暮らしに楽しさを」という言葉をモットーに綴っていきます

関西人のソウルフードが東京で食べられる!?

スポンサーリンク

肉まん

関西人のソウルフード

 

関西に住んでいると当たり前のように知っているのが「551の蓬莱」です。

 

電車の駅の構内などにお店があるイメージで、よくお出かけの際についでにお土産に買って帰ったりといった人が多いのではないでしょうか?

 

豚まんが有名で、他にも餃子や肉団子なども売ってます。アイスキャンデーもいろいろな種類があって楽しいです。

 

豚まんを買って帰る時は、大抵電車や新幹線に乗るという状況になることも多く、そのため周囲には、あの「独特の香り」が漂うので「おっ誰か551買ってるな」とわかります。それも551あるあるです。

 

関西では、551のCMも有名で、「551の蓬莱があるとき〜」と振ると、たいていの関西人は「あははははは・・・」と大笑いするというのが染みついています。

 

関西電気保安協会」を独特の節をつけないと読めないのと同じくらい、関西人を判別するのに使われる合言葉のようなものです。

(他の地域にお住まいの方には「?」かもしれません)

 

さて、この551の蓬莱ですが実はこれ関西でしか買えません。

商品の品質を担保するため、大阪の工場から150分以内の場所にしか出店できないということだそうです。

 

どうりで他の地域では見かけないわけだ。

 

創業者の孫が豚まんの味を再現!?

そんな中、551蓬莱の創業者の孫にあたる人が監修の豚まん屋さんが、東京に出店されたというニュースを見ました。

 

「東京豚饅」というお店だそうです。

 

どうやら代表の方が、551蓬莱の創業者と同居していたらしく、その創業者の味を再現したのが今回の東京豚饅の商品のようです。

 

とはいえ、あくまで再現しただけとあり551蓬莱のレシピとは関係ないのだそう。電話番号の末尾が551なのもオマージュ感が強め。

 

どこまで味が似ているのかは不明ですが、関東に住んでいる関西出身者には買ってみようという人も多いのではないでしょうか。

 

私も気になるので東京に行った際には、買ってみようと思います。

 

tabelog.com

 

 

<FNNプライムオンライン より>