ハトブログ

このブログでは、日々の疑問や気になったニュースについて備忘録的に書いています。「暮らしに楽しさを」という言葉をモットーに綴っていきます

【読書日記】書く習慣 自分と人生が変わる一番大切な文章力

スポンサーリンク

先日読んだ本について書きます。

 

 

いしかわゆきさんの「書く習慣」という本です。

 

著者のいしかわゆきさんは、ライターやコラムニスト、声優やグラフィックレコーダーの活動もされているという方です。ネットで少し調べただけですが、本当にいろいろと活動されているようです。

 

そんな「書く」ことをお仕事にしているいしかわさんが書かれた本書には、文章を書くことの初心者が、楽しく書くのを習慣化する方法についてが書かれています。

 

最初、私はこちらの本を本屋さんで手に取ったのですが、これまでの多くの文章術の本とは違って、「初心者にとってハードルが低くて良いな」という印象を持ちました。

 

即購入しました。

 

本書自体が、平易な文章で書かれているので(これも著者の工夫)決して文字数が少ないわけではないのだけれども、非常に読みやすくスイスイと読めてしまいます。

 

あーこれが読者にとって読みやすくて中身も有益な文章のお手本なのだなとわかりました。

読みやすい上に実践的という、私の目指すべき文章の書き方でした。

 

本書の内容の流れをざっくりと言うと、

 

・まずは、とにかくハードルを下げて書いてみよう

・書くことを日常生活に落とし込んで習慣化しよう

・書くためのネタはこんなにある

・誰かに読んでもらうための工夫

・書くことが習慣になればこんなに世界が広がる

 

こんな感じです。本当にざっくりですが。

 

ブログ初心者の私としては、どれもが勉強になりますし、うんうんと思わず何度もうなずいてしまう内容でした。

 

やはり、まずは完璧主義を捨てて、いかに楽しく書くかと言うことに集中することが大事だなと思いました。

 

もうすでに、文章を書くことに慣れているという人にとっては少々物足りない内容なのかもしれません。

 

しかしながら、ブログやSNSで何か発信したいけれども、何をどうやって書いていいのかわからないという、私みたいな人にとっては筆を進める手助けをしてくれるとてもおすすめの本と言えます。